FC2ブログ
アジアの光と風
アジアの布・雑貨と暮らす ~ LUVENTO湘南より ~

カレンダー

プロフィール

luvento2005

Author:luvento2005
陽はアジアより上る

Facebook

LUVENTO鵠沼海岸店
LUVENTO鵠沼海岸店へ

星が見える名言集

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Pickup Link!

ポチッとお願いします

FC2Blog Ranking

RSSフィード

至極の時間

バリの祈り(ケチャ)
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
アジアで食べる!
にほんブログ村 グルメブログ アジア食べ歩きへ
ブログランキングへ

リンク

このブログをリンクに追加する

タグ

レストラン ラーメン タイ 美味しい家飯 アジア雑貨 美しい景色 バリ 中華 屋台 社食 ホテル ベトナム お蕎麦 市場 社員食堂 機内食 蕎麦 インドネシア お寿司 空港 寺院 ラウンジ お弁当 炒飯 インスタント麺 お菓子 ソウル フードコート 催事 寿司  中華街 藍染 うなぎ チャーハン カレー 空弁 うどん ファストフード アジア SA 柿渋染 ジャワ島 中華料理 藍染め  お役立ち情報 バングラデシュ 染め 牛丼 アジア飯 弁当 イタリアン カップヌードル 富士山 ランチ 味奈登庵 アジア雑貨 手作り 定食 サッカー 二郎 パスタ 台北 ワルン アフリカ ビーチ 列車 焼き鳥 お祭り 空から ステーキ 美味しいお酒 焼肉 ラーメン二郎 人気店 エビフライ ローストビーフ 手作り ジビエ 恥ずかしいこと 朝食 ジャワ ソトアヤム サテ カンビン カフェ 立川やきとん ラスベガス お盆 不安定な世の中 桜家 藤沢 煮豚 讃岐うどん はなまる フルーツ ガイヤーン バリのホテル バリ島 カオパット 湘南 モールフィル 丸亀製麺 タイフード  三島 インド料理 ビリヤニ タンドリーチキン コストコ ピザ リッポモール マレーシア航空 サンセット ブラウンライス beef ビーフ ホットドッグ 洗車 生ビール スイーツ ワイン 

ポイントサイト

ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

Get Money!
お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

バングラデシュ(活気あふれるダッカにて)

2011/01/13(木) 16:37:20
バングラデシュに行ったのは5年前、ですからこの写真も5年前のものです。

b20111131-1

御覧ください、リキシャの波と車の波は信号知らず節操知らずに突き進みます。
アジアではよく見る光景ですが、私が見た中ではどこより凄い!
バンコクよりも、クタよりも、チェンマイよりも、ホーチミンよりも、どこよりも凄い!
毎年雨季には家を流され、めげずに乾季には家を建て直し、水没を繰り返し地形が変わろうとも
頑張って生き抜く人たちですからね。

さて彼らの日常の食事ですが、ほとんどがスパイス煮込み系=カレーですからほぼインド料理と同じです。
イスラム教徒ですから豚は食べないようですが。
お味はとてもおいしいですよ。
ただし、一週間もいると少し飽きてしまいます。
スパイスで胃と腸が溶けだしそうな感覚になりますね。

b20111131

上の写真はホテルの朝食。
シンプルですが、美味しそうでしょ。
ナン(呼び方はそうじゃなかったような)もいくらでも食べられますし、カレーも豆やチキンなど一通り
そろっていますよ。
確か値段は30円位だったかな?


b20111132

こちら上の写真はバングラデシュ人の友人の家に遊びに行った時のご馳走です。
とても美しい奥さんの手料理です。
やはりカレーが中心でしたが、野菜なども用意してくれました。
メールなどは時々していますが、どうしたかな?日本に来たがっているのですが・・。

b20111133

そして最後こちらは、ビーマンバングラデシュ航空の機内食です。
そしてこちらもカレー。
ご飯大盛りでしたが、お米は滞在中食べる機会が多くありませんでしたからとてもうれしかった
記憶があります。
そうそう、蓋が緑色に変色しているのが気になりましたね。

それでは、








関連記事
バングラデシュTB:0CM:0
<< 01/13のツイートまとめホーム全記事一覧商品紹介2011.1.13 >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://luvento.blog73.fc2.com/tb.php/401-b83b2af2

Copyright(C) 2006 アジアの光と風 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.