FC2ブログ
アジアの光と風
アジアの布・雑貨と暮らす ~ LUVENTO湘南より ~

カレンダー

プロフィール

luvento2005

Author:luvento2005
陽はアジアより上る

Facebook

LUVENTO鵠沼海岸店
LUVENTO鵠沼海岸店へ

星が見える名言集

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Pickup Link!

ポチッとお願いします

FC2Blog Ranking

RSSフィード

至極の時間

バリの祈り(ケチャ)
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
アジアで食べる!
にほんブログ村 グルメブログ アジア食べ歩きへ
ブログランキングへ

リンク

このブログをリンクに追加する

タグ

レストラン ラーメン タイ 美味しい家飯 アジア雑貨 美しい景色 バリ 中華 屋台 社食 ホテル ベトナム お蕎麦 市場 社員食堂 機内食 蕎麦 インドネシア お寿司 空港 寺院 ラウンジ お弁当 炒飯 インスタント麺 お菓子 ソウル フードコート 催事 寿司  中華街 藍染 うなぎ チャーハン カレー 空弁 うどん ファストフード アジア SA 柿渋染 ジャワ島 中華料理 藍染め  お役立ち情報 バングラデシュ 染め 牛丼 アジア飯 弁当 イタリアン カップヌードル 富士山 ランチ 味奈登庵 アジア雑貨 手作り 定食 サッカー 二郎 パスタ 台北 ワルン アフリカ ビーチ 列車 焼き鳥 お祭り 空から ステーキ 美味しいお酒 焼肉 ラーメン二郎 人気店 エビフライ ローストビーフ 手作り ジビエ 恥ずかしいこと 朝食 ジャワ ソトアヤム サテ カンビン カフェ 立川やきとん ラスベガス お盆 不安定な世の中 桜家 藤沢 煮豚 讃岐うどん はなまる フルーツ ガイヤーン バリのホテル バリ島 カオパット 湘南 モールフィル 丸亀製麺 タイフード  三島 インド料理 ビリヤニ タンドリーチキン コストコ ピザ リッポモール マレーシア航空 サンセット ブラウンライス beef ビーフ ホットドッグ 洗車 生ビール スイーツ ワイン 

ポイントサイト

ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

Get Money!
お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

その24 プランバナン寺院を目指せ!

2014/01/08(水) 06:39:00


僕らの宿泊していたマリオボロ通りからプランバナンへはトランスジョグジャがとても便利。
空港に向かうバスに最後まで乗っていれば、プランバナンそばのバスターミナルまではわけなく到着です。
(別のバスルート表も見つかったので、最後に貼っておきます。これも大きいデータあります。)

当日はとても暑かったので、歩けない距離ではなかったけど遺跡巡りの体力温存のためオートベチャで向かいます。
(この選択が大正解。園内の移動連結バスも休んでおりました。サボっておりました 笑)




オートベチャだと爽快に風を切って進みます。
徒歩だと10~15分くらいの距離かな。
当日は歩いている人はいなかったようだけど。




外国人専用の入り口はこちら。
ロロ・ジョングランからセウ寺院までの園内の料金とボコの丘を回るコース料金があったように思います。
無論外人料金はかなりお高く設定されています。

ちなみに、ジョグジャから現地ツアーもあったようですが、僕らがこの日使ったお金はベチャとお昼のバクソ代を
入れても2人でツアー代一人分くらいでした。




一番奥のセウ寺院までくまなく見て回りましたが、結局のところ中心のロロ・ジョングランが90%で、最後のセウ寺院が10%、あとは修復もままならぬ廃墟のような寺院は通りすがるようなもの。
物悲しささえ感じてしまいます。




ボロブドゥールは仏教遺跡、プランバナンはヒンドゥー遺跡という認識だったけど、ロロ・ジョングランこそヒンドゥーの遺跡だけど回りは仏教寺院なんだね。

そばで見るとその大きさに圧倒されてわからないけど、全体像はやはり大きく違いますな。




崩壊した瓦礫が散乱して僕ら日本人には嫌な事を思い出させますが、それぞれは大きな石を積み上げたとてもクラシックな技法の遺構です。

さらに中心部ではヘルメット着用で、その時点でいかにも崩れそうな岩の重なりが見えてきますよ。






そんな中でも遺跡大好き・高いところ大好きおじさんのテンションは上がりっぱなし。
当日は気温も上がりっぱなしになって最後はバテましたが、遠い昔に思いを馳せる事はなかなか今の生活の中ではないからね。

信仰心だけじゃこんな重い石持ち上がらないし、誰が作りたくて誰だ作らされたのかも可能だったら教えて欲しいよね。
作った権力者の欲の大きさもさることながら、作らされた人達の遺恨もどこかにあるはずだからね。




答えは見つかるはずもないから、また次はアンコールワットあたりに行くのですが、現代の人たちがリメイクするとこんなふくよかでユーモアたっぷりのゲームキャラのような像もできるのですね。

たぶん今の恵まれた人たちが作った仏像なんかはさぞかしふくよかでいい笑顔をしているんじゃないかな。



(Hが停留所ですが、距離がだいぶ大雑把。マリオボロ通りは左の駅建物から下に伸びるピンクのライン。)




海外旅行(アジア) ブログランキングへ










2013-10 インドネシア仕入旅

その19 ジョグジャ・ボロブドゥールへ
その20 ボロブドゥールにて
その21 ボロブドゥールの絶品バクソ!
その22 パオン寺院とムンドゥ寺院へは馬車で楽ちん行脚
その23 ジョグジャの移動はベチャとトランスジョグジャでスイスイ



お時間がありましたら、ネット販売店にもお立ち寄りくださいね。

b_01.gif





店舗と催事情報はこちらです。


最後までお読みいただきありがとうございました。


宜しければ、ワンクリック願いします。
b_01.gif

ランキングに参加しています。
あなたのワンクリックが励みになり
ますので、宜しくお願いします。
<旅で出会う夢のような景色>
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


H.I.Sは現地で助かるよね!



もう一回ぐらい読んであげてもいいよと思ったらポチッ
関連記事
仕入れ旅TB:0CM:0
<< その25 ブリンハルジョ市場は市民の味方ホーム全記事一覧その23 ジョグジャの移動はベチャとトランスジョグジャでスイスイ(トランスジョグジャ路線図付) >>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://luvento.blog73.fc2.com/tb.php/1089-e5906758

Copyright(C) 2006 アジアの光と風 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.