FC2ブログ
アジアの光と風
アジアの布・雑貨と暮らす ~ LUVENTO湘南より ~

カレンダー

プロフィール

luvento2005

Author:luvento2005
陽はアジアより上る

Facebook

LUVENTO鵠沼海岸店
LUVENTO鵠沼海岸店へ

星が見える名言集

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Pickup Link!

ポチッとお願いします

FC2Blog Ranking

RSSフィード

至極の時間

バリの祈り(ケチャ)
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
アジアで食べる!
にほんブログ村 グルメブログ アジア食べ歩きへ
ブログランキングへ

リンク

このブログをリンクに追加する

タグ

レストラン ラーメン タイ 美味しい家飯 アジア雑貨 美しい景色 バリ 中華 屋台 社食 ホテル ベトナム お蕎麦 市場 社員食堂 機内食 蕎麦 インドネシア お寿司 空港 寺院 ラウンジ お弁当 炒飯 インスタント麺 お菓子 ソウル フードコート 催事 寿司  中華街 藍染 うなぎ チャーハン カレー 空弁 うどん ファストフード アジア SA 柿渋染 ジャワ島 中華料理 藍染め  お役立ち情報 バングラデシュ 染め 牛丼 アジア飯 弁当 イタリアン カップヌードル 富士山 ランチ 味奈登庵 アジア雑貨 手作り 定食 サッカー 二郎 パスタ 台北 ワルン アフリカ ビーチ 列車 焼き鳥 お祭り 空から ステーキ 美味しいお酒 焼肉 ラーメン二郎 人気店 エビフライ ローストビーフ 手作り ジビエ 恥ずかしいこと 朝食 ジャワ ソトアヤム サテ カンビン カフェ 立川やきとん ラスベガス お盆 不安定な世の中 桜家 藤沢 煮豚 讃岐うどん はなまる フルーツ ガイヤーン バリのホテル バリ島 カオパット 湘南 モールフィル 丸亀製麺 タイフード  三島 インド料理 ビリヤニ タンドリーチキン コストコ ピザ リッポモール マレーシア航空 サンセット ブラウンライス beef ビーフ ホットドッグ 洗車 生ビール スイーツ ワイン 

ポイントサイト

ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

Get Money!
お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

ダッカの喧騒

2012/09/13(木) 12:00:41
相変わらず残暑が厳しいですね。
こんなに暑いと商店街を人が歩かない。
次の催事の準備もほぼ終わりまして、PCを覗きこむ時間もおのずと増えてまいります。

これから秋に向かって、そして冬へ、寂しくなりますね。
夏の最盛期がもう懐かしい。

ちょっと活気づけにネットで拾ったバングラデシュ・ダッカの喧騒を。
私が行ったさらに2年後の動画ですが、今もこんな感じかな?


めちゃくちゃ騒がしいけど、エネルギッシュで良いですね!

(お巡りさんがいますが、信号機は勿論作動していません。宜しかったら、Euronewsも面白いですよ。)





店舗と催事情報はこちらです。


最後までお読みいただきありがとうございました。


宜しければ、ワンクリック願いします。
b_01.gif





ランキングに参加しています。
海外旅行が大好きな方、ポチッと押してください。
あなたのワンクリックが励みになりますので、宜しくお願いします。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ





タイのブログが集まります。

BLOGGERSへ







スポンサーサイト



バングラデシュTB:0CM:0

倉庫を整理してましたら

2012/03/09(金) 16:12:02
201203051.jpg


倉庫を整理してましたら、こんな物が出てきました。
バングラデシュのノクシカタ刺繍のクッションカバーですが、こんな状態の良い物は
なかなかありません。

しかも実際は糸の色が鮮やかなので、とても華やか。
東南アジアチックなトーンもよろしいかと。

この糸がピュアコットンやシルク糸だったりするととんでもない値段(というより価値か?)
になったりするのですが。



下はダッカ市内の毛皮屋さん。
小鹿の皮で作ったバッグが飛ぶように売れた話はわが店の自慢。
でも当時から輸入禁止だったはず。


ここを含めて、この周りの店からは何が出てきても不思議ではない雰囲気が漂っていました。



201203044.jpg






店舗と催事情報はこちらです。


最後までお読みいただきありがとうございました。


宜しければ、ワンクリック願いします。
b_01.gif



ランキングに参加しています。
海外旅行が大好きな方、ポチッと押してください。。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




タイのブログが集まります。

BLOGGERSへ




英語の勉強しませんか?私のクラブは「文武両道」です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓







バングラデシュTB:0CM:0

騒音で一日が始まります

2012/03/06(火) 08:18:24
201203042.jpg

凄い騒音で目が覚めました。

ズド~~~ン!!

音は2回、それがこともあろうに近所に着弾するなんて。
雷注意報は出ていましたが、前後は全くその気配はないのに。。。


目が覚めるというより、震動で跳ね起きた感じです。
こんな暴力的な目覚めはダッカの朝以来の事。


あれも凄かったなぁ。
コーランの拡声器を使った「がなり」から始まって、クラクションの嵐。
お互い譲り合わないから鳴りっぱなし。


日本はこれで雨が止めば、花粉が猛烈に飛び交うのでしょう。
バングラデシュは雨季が終わると、ほらこの通り砂埃の嵐です。




201203046.jpg







店舗と催事情報はこちらです。


最後までお読みいただきありがとうございました。


宜しければ、ワンクリック願いします。
b_01.gif



ランキングに参加しています。
海外旅行が大好きな方、ポチッと押してください。。
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ




タイのブログが集まります。

BLOGGERSへ




英語の勉強しませんか?私のクラブは「文武両道」です。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓







バングラデシュTB:0CM:0

バングラデシュの商品紹介

2011/01/14(金) 14:50:50
雨期になると家を流され、支援金も政府の一部の人間にしか渡らず、貧困な生活を強いられても笑顔を絶やさず生き抜く逞しいバングラデシュ人。
その力強さは現インドを思わせる成長を必ずつかみ取るでしょう。
実際私が訪れたいくつかの縫製会社は、日本の大手やヨーロッパのブランド品を生産しているようです。

私もアジア雑貨屋を始めて間もなくの頃で、いきなりのディープなアジアの洗礼に少し戸惑うことも多かったのですが、忘れられない思い出や商品をたくさん与えてくれました。

20111141

上の写真は「ノクシカタ」と呼ばれる伝統的な手刺繍の布です。
バングラデシュの女性たちが村単位で祈りを込めながら作るといわれています。
ノクシカタは元々使い古したサリーやルンギを2~3枚重ね、刺子を施した布に刺繍をするものです。
モチーフにはそれぞれ意味があります。
豊作や豊漁を祈る魚やマンゴ(ペイズリー)、守護神を表す蛇、旅の安全を守る馬や船、強さを表すベンガルタイガー、幸福の使者を表す像などが代表的です。


20111142

そしてこちらは、ノクシカタのタペストリー。
このあたりの商品はフェアトレード商品としてちらほら日本でも見かけますが、私は現地の人たちの苦情しか聞いていませんが、そのような仕入れをすることはありません。
(それは別の席で・・。)


20111143

そして一番印象に残っている商品、鹿革のバッグです。
ちょうど下北沢に店を出した直後だったと思いますが、5個ほどが一瞬のうちに売れてしまいました。
写真とっておいてよかった。
もう仕入れること(日本に持ち運ぶこと)は出来ないのですかね?

そう、バングラデシュには「ダッカモスリン」とうい幻の布もありましたね。
18歳以下の少女にしか紡ぐことができなかった超軽量の半透明布です。

書いているうちにもう一度訪れてみたくなりました。
エキゾチックな国、バングラデシュ。
ハルンさんにこのブログのアドレスを送ってみよう。






バングラデシュTB:0CM:0

バングラデシュ(活気あふれるダッカにて)

2011/01/13(木) 16:37:20
バングラデシュに行ったのは5年前、ですからこの写真も5年前のものです。

b20111131-1

御覧ください、リキシャの波と車の波は信号知らず節操知らずに突き進みます。
アジアではよく見る光景ですが、私が見た中ではどこより凄い!
バンコクよりも、クタよりも、チェンマイよりも、ホーチミンよりも、どこよりも凄い!
毎年雨季には家を流され、めげずに乾季には家を建て直し、水没を繰り返し地形が変わろうとも
頑張って生き抜く人たちですからね。

さて彼らの日常の食事ですが、ほとんどがスパイス煮込み系=カレーですからほぼインド料理と同じです。
イスラム教徒ですから豚は食べないようですが。
お味はとてもおいしいですよ。
ただし、一週間もいると少し飽きてしまいます。
スパイスで胃と腸が溶けだしそうな感覚になりますね。

b20111131

上の写真はホテルの朝食。
シンプルですが、美味しそうでしょ。
ナン(呼び方はそうじゃなかったような)もいくらでも食べられますし、カレーも豆やチキンなど一通り
そろっていますよ。
確か値段は30円位だったかな?


b20111132

こちら上の写真はバングラデシュ人の友人の家に遊びに行った時のご馳走です。
とても美しい奥さんの手料理です。
やはりカレーが中心でしたが、野菜なども用意してくれました。
メールなどは時々していますが、どうしたかな?日本に来たがっているのですが・・。

b20111133

そして最後こちらは、ビーマンバングラデシュ航空の機内食です。
そしてこちらもカレー。
ご飯大盛りでしたが、お米は滞在中食べる機会が多くありませんでしたからとてもうれしかった
記憶があります。
そうそう、蓋が緑色に変色しているのが気になりましたね。

それでは、








バングラデシュTB:0CM:0
ホーム全記事一覧
Copyright(C) 2006 アジアの光と風 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.