FC2ブログ
アジアの光と風
アジアの布・雑貨と暮らす ~ LUVENTO湘南より ~

カレンダー

プロフィール

luvento2005

Author:luvento2005
陽はアジアより上る

Facebook

LUVENTO鵠沼海岸店
LUVENTO鵠沼海岸店へ

星が見える名言集

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

カテゴリー

Pickup Link!

ポチッとお願いします

FC2Blog Ranking

RSSフィード

至極の時間

バリの祈り(ケチャ)
にほんブログ村 海外生活ブログ バリ島情報へ
アジアで食べる!
にほんブログ村 グルメブログ アジア食べ歩きへ
ブログランキングへ

リンク

このブログをリンクに追加する

タグ

レストラン ラーメン タイ 美味しい家飯 アジア雑貨 美しい景色 バリ 中華 屋台 社食 ホテル ベトナム お蕎麦 市場 社員食堂 機内食 蕎麦 インドネシア お寿司 空港 寺院 ラウンジ お弁当 炒飯 インスタント麺 お菓子 ソウル フードコート 催事 寿司  中華街 藍染 うなぎ チャーハン カレー 空弁 うどん ファストフード アジア SA 柿渋染 ジャワ島 中華料理 藍染め  お役立ち情報 バングラデシュ 染め 牛丼 アジア飯 弁当 イタリアン カップヌードル 富士山 ランチ 味奈登庵 アジア雑貨 手作り 定食 サッカー 二郎 パスタ 台北 ワルン アフリカ ビーチ 列車 焼き鳥 お祭り 空から ステーキ 美味しいお酒 焼肉 ラーメン二郎 人気店 エビフライ ローストビーフ 手作り ジビエ 恥ずかしいこと 朝食 ジャワ ソトアヤム サテ カンビン カフェ 立川やきとん ラスベガス お盆 不安定な世の中 桜家 藤沢 煮豚 讃岐うどん はなまる フルーツ ガイヤーン バリのホテル バリ島 カオパット 湘南 モールフィル 丸亀製麺 タイフード  三島 インド料理 ビリヤニ タンドリーチキン コストコ ピザ リッポモール マレーシア航空 サンセット ブラウンライス beef ビーフ ホットドッグ 洗車 生ビール スイーツ ワイン 

ポイントサイト

ハピタス
日々の生活にhappyをプラスする|ハピタス

Get Money!
お小遣い稼ぎならポイントサイトGetMoney!

W杯リポート 瞬きをする暇もない。

2014/06/16(月) 05:40:30
サッカーとは恐ろしいスポーツなんです。

サッカーは11人対11人のスポーツです。
ところが1人の、1本の、1回の、プレーで決まってしまうことがよくあります。


よろしければ、ワンクリックしてお進み下さい。

b_01.gif







コロンビアはやっぱり強いですね。
そして優勝候補のウルグアイを大逆転したコスタリカ、大金星です。



今回はその後に行われた2つの試合からサッカーの恐ろしさの話をします。


先ずは私の大好きなイングランドを僅差で退けたイタリアの決勝点。

イングランドのセンターバックは評判通り若いけれども落ち着いていて、対敵の接触プレーはもとより足元の
繋ぎのプレーも安定しています。
今大会注目のFDバロテッリもほぼ完封。
活きの良い若手が多く、切れ味のあるプレーを見ている限り均衡を破るのは追いついたイングランドか?
そんな中、一瞬の隙をついて決勝弾を叩き込んだバロテッリ、さすがです。
右からのセンタリングに対して、一度外にプルアウェイしてケーヒルの視野から消えてからの打点の高い
ヘディングは地面に突き刺さる基本中の基本。
(らしからぬ優等生ぶりですね 笑)
たった一回の勝ちがチームの勝利になってしまいます。

この試合のチェック①
イタリアの4人のMFたちの献身的なランには頭が下がる。
ピルロをフリーにするために前後左右に走るだけではなく、マークを自分につかせたり振り切ったり、
イングランドの中盤の体力消耗はテレビでも十分わかるほど。

チェック②
劣悪な環境に備えた準備の差が結果に出る。
足を吊るのはイングランドの選手ばかり、イタリアの選手は誰一人倒れこむものなし。
それにしても、気の毒になるほど湿気が多くグランドは芝が浮いていたようですね。

チェック③
後半イングランドはイタリアのベテランDF3番のキエリーニに狙いを定めたが、右サイドを崩し切れず。
ボールは入っていましたから、中で勝負出来る選手がいなかったのか?


そして我がサムライブルーの敗戦。
スタメンを見て、長谷部と心中を決意したザックさんの想いを見る。
そして本田の目の覚めるような先制シュート。

体がやけに重そうなヤヤ・トゥーレ、動き出しのタイミングがつかめず足元のパスから動き出す組織力のない
コート・ジボワールを見て日本人誰もがいけると思ったに違いありません。
前半の終わり間際にはかなり攻め込まれてさえも、また後半になれば立ち直れると。。。

62分、主役登場!
チームが変わる。全く違うチームに変わる。
今まで試合をしていたチームが突如変貌して動揺するサムライ。
64分、同点ゴール。
66分、逆転ゴール。

一人の男がピッチに入っただけで全員の足が軽快に動きだし、まるで心臓が動き出したように隅々まで意思が
浸透する。
「ワールドクラス」その言葉の意味を改めて確認した衝撃です。
僕よりもピッチにいたサムライたちの方が衝撃を受けたかと心配しています。

名残惜しい選手もいますが、ほとんどの選手を次大会向けに変更して臨むしかないと思います。
大切なのは、次の試合は当たり前ですが、コロンビア戦です。




海外旅行(アジア) ブログランキングへ




お時間がありましたら、ネット販売店にもお立ち寄りくださいね。

☆ カリンバ(マリンバ) ☆

☆ カリンバ(マリンバ) ☆



店舗と催事情報はこちらです。




最後までお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
あなたのワンクリックが励みになり
ますので、宜しくお願いします。
<旅で出会う夢のような景色>
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


toto BIG 買い忘れ厳禁!




もう一回ぐらい読んであげてもいいよと思ったらポチッ
スポンサーサイト
W杯2014ブラジル(限定)TB:0CM:0

W杯リポート オランダの作戦に見事にハマった王国スペイン

2014/06/15(日) 05:00:00
4年に1度のサイクルでサッカーは進化する。

その契機になるがW杯という大会です。



よろしければ、ワンクリックしてお進み下さい。

b_01.gif







W杯リポートということで、少しサッカーの記事を書いていきます。


4年に1度のワールドカップは、その開催ごとにサッカーのスタイルを変化させていきます。
もともと南米とヨーロッパで交互で行われ、しかも開催地域がほぼ優勝してきましたので個の南米スタイルとフィジカル
ヨーロッパスタイルが交互に主流になっていました。

前回の優勝はスペイン、ポゼションをしながら割とゆっくり相手の隙を見つけて狭いエリアに進入して勝負するサッカー
です。
(このサッカーは非常に日本人のアジリティにあっていて、しかも個のテクニックあるいは基礎が重要です。この大会後に
主流が変わろうと、少年サッカー指導者はブレずにパス&ムーブのこのスタイルを維持していただきたいと思います。)


さて、今回は初戦で前回王者スペインがオランダに粉砕されてしまった衝撃の試合から。


①ポゼションサッカー打ち破る7枚の守備ブロックとカウンター攻撃。

この試合のオランダは5枚のDFで守備ブロック固めて、ボールを追う2枚のボランチを中央に配してカウンターを狙います。
カウンター攻撃は3人の天才、ボール配給役のスナイデル・プレミアトップレベルのアタッカーファンペルシー・ブンデスリーガのレフティアタッカーロッペン。
ハマったら王者でも手が付けられないスーパースピードでしたね。


②王者相手だからこそ出来た徹底ぶり。

多分格下だったらここまで徹底できなかったろう堅牢は、相手のスペインに対するリスペクトの表れだったかもしれません。
それにしても見事に決まりましたね。
大会前に中盤の主力を一枚欠いてしまったオランダはこの決断しかなかったのでしょうね。


③試合を決めたポイントは44分のファンペルシーの同点ゴール。

この時点まではボール支配率で上回り、PKで先制していたスペインペースだったことは間違いありません。
ベンチや会場に流れる嫌なムードを一瞬にして消し去ったのは、ハーフウェイからの1本のフィードを呼び込んだファンペルシーのスーパーラン。

前半で同点に追いつき、折り返したことが後半への勇気に変わりました。


③ちょっとお疲れか?スペインDF。

スーパータイトなリーガがはじめとするヨーロッパの選手たち。
おまけにチャンピオンズリーグが重なり疲労も溜まり、代表としての調整もままならない状況。
ヨーロッパを制した選手たち、前回王者の奢り。国民たちの過剰な期待。
プレッシャーなんて言葉では表現しきれない重圧。

ワールドカップの連覇がいかに難しいかを教えてくれる一戦となりました。

大切なのはスペインの次戦、チリとの対戦。
早急に立て直さないと、予選リーグ敗退もありえるでしょう。


④各国がこの試合で怯えている?

ポゼションサッカーを大破したオランダサッカー。
この試合を見て各国代表や監督達は何を考えているのだろう?
今更ながらサッカーという化け物とW杯という異常な世界に慄いているかもしれません。
自分たちが信じてお手本にしてきた強国がこのような敗戦したのを見てザックジャパンはいかに、、、?

むしろそれで褌を締めなおして、あるいは開き直ってやってくれれば良いのかもしれない。
中盤で短いパスを引っ掛けられるなよ。
明日の相手は引いてブロックを作らずに前からハイプレッシャーを掛けてくるぞ。
取られたら最後まで諦めずに追いかけろよ。
楽しくないぞ!死ぬほど辛いぞ!
カッコつけてる場合じゃないぞ!

それでは明日。。。




海外旅行(アジア) ブログランキングへ




お時間がありましたら、ネット販売店にもお立ち寄りくださいね。

☆ カリンバ(マリンバ) ☆

☆ カリンバ(マリンバ) ☆



店舗と催事情報はこちらです。




最後までお読みいただきありがとうございました。

ランキングに参加しています。
あなたのワンクリックが励みになり
ますので、宜しくお願いします。
<旅で出会う夢のような景色>
にほんブログ村 旅行ブログ 海外旅行へ


toto BIG 買い忘れ厳禁!




もう一回ぐらい読んであげてもいいよと思ったらポチッ
W杯2014ブラジル(限定)TB:0CM:0
ホーム全記事一覧
Copyright(C) 2006 アジアの光と風 All Rights Reserved.
Powered by FC2ブログ. template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦.